バンクシーが日本に?Umbrella rat(傘とネズミ)が東京 日の出駅周辺の防潮扉で発見!イギリス人アーティストBanksyの年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ画像は?






覆面芸術家バンクシーが東京に出現?傘とねずみの場所はどこ?本物だったらいくら?「風船と少女」は1億5000万円で落札されたのに即シュレッダーの謎!

東京都が調査を開始したという傘とネズミのニュースをご存知でしょうか?

この作品は、バンクシーという英国のアーティストの代表的作品と言われていて、もしかすると東京都の防潮扉に書かれているねずみと傘の絵が、バンクシー本人の作品かもしれないというのです。

風船と少女 シュレッダー

バンクシーというと、2018年10月頃、「風船と少女」という絵がロンドンのオークションハウス「サザビーズ」でオークションにかけられ、1億5000万円で落札されたにもかかわらず、直後にシュレッダーにかけられてしまったというニュースを覚えている人も多いかもしれません。

なんと、数年前から作品にシュレッダーを忍ばせていたのだそうです。

☆風船と少女の作品はこちら

理由はストリートアートがスタイルのバンクシー流の挑発だったのでは?と推測されていますが、真相はいかに・・・。

そんなミステリアスなところもバンクシーというネームバリューをあげているのでしょう。

ちなみにシュレッダーされたときの動画がバンクシーのインスタグラムに投稿されています。

ピカソの言葉「破壊の衝動は、創造的でもある」

View this post on Instagram

. “The urge to destroy is also a creative urge” – Picasso

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 –

しかし、皮肉なことにこのシュレッダー裁断により、バンクシーの作品の価値が50%上がったというから、真相は深まるばかり・・・もしかすると全てプロデュースされているのかもしれませんね!

そんな話題性あふれるバンクシーが、東京でも作品を残していたとしたら・・・それは凄いことです!

Umbrella rat(傘とネズミ) 価値はいくらぐらい?

過去にウェールズの駐車場の扉に見つかった作品は、数千万円の高値で取引された実績があるようです。

本物だったら・・・数千万円はかたいでしょう。間違いなく観光スポットになりますね!東京都が所有権を持つことになるのでしょうか?

残念ながら東京都は2019年1月16日に描かれた部分の板を取り外し、現在は倉庫で保管しているそうなので見に行くことはもうできません。

本物だったら見物客で混乱してしまうので、当然の措置と言えるでしょう。

日本には専門の鑑定家がいないので、恐らく海外から来てもらって本物かどうかを確かめることになると思いますが、この落書き、結構前からあったのに長い間、放置されていたようです。

本来、公共物への落書きは許されないことで、バンクシーならオッケーで他の人だったら駄目という線引きも難しいですね・・・。

バンクシーの作品だったとしても、撤去にかかった費用と鑑定費を請求してみてはいかがでしょうか?

その方が、公平でバンクシーからも逆に好印象を得られるかもしれません。

Umbrella rat(傘とネズミ) 発見された場所は?

傘とネズミらしき落書きは、東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)の日の出駅近くの防潮扉に描かれていたとのことです。

小池百合子東京都知事のツイッターでも写真がのせられています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

小池百合子のツイッター

★Twitterアカウント⇒https://twitter.com/ecoyuri

Umbrella rat tokyo 画像

バンクシー wikiプロフィールやインスタ画像

実は、バンクシーはいまだにどこの誰であるという事が謎に包まれています。覆面アーティストなのです。

ストリートアーティストであるバンクシーは、1974年頃にイギリスのブリストルで生まれたと言われています。

また、バンクシーは2010年のドキュメンタリー「Exit Through the Gift Shop」で初監督。この作品は、高評価を得ました。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
R (USA) 2010年  クライム/自主映画  1時間 27分
公開日: 2010年4月16日 (アメリカ合衆国)
監督: バンクシー
映画シリーズ: Exit Throught the Gift Shop Series
ノミネート: アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞
受賞歴: Independent Spirit Award for Best Documentary Feature

このドキュメンタリー映画を見れば、バンクシーという人間がどのような人物なのかを少しは知ることが出来るのではないでしょうか。

☆視聴はアマゾンプライムビデオで視聴可能!30日間無料!

アマゾンプライムで30日間の無料体験を試す

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バンクシー SNSアカウントやブログは?

★Instagram⇒https://www.instagram.com/banksy/?hl=ja

View this post on Instagram

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿

★公式Website⇒http://www.banksy.co.uk/

【関連記事】

☆今話題の新進気鋭のアーティストはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



スポンサーリンク




シェアする

フォローする




スポンサーリンク