アレックス・オノルド(Alex Honnold)が凄い!Free Soloでロッククライミング聖地エル・キャピタン登頂!年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真は?






映画「フリー・ソロ」のアレックス・オノルドが超人すぎてヤバい!家族や彼女はいる?フリーソロクライミングとは?

2018年9月28日にアメリカで公開された、フリーソロという作品をご存知でしょうか?

第91回アカデミー賞のノミネート作品にもノミネートされ、現地時間2019年2月25日、長編ドキュメンタリー賞部門で見事、オスカー賞を受賞しました。

映画クルーはもちろんですが、何と言っても偉業を成し遂げたのは主人公のアレックス・オノルド。

今回は、アレックス・オノルドについてご紹介します。

アレックス・オノルド wikiプロフィールやインスタ画像

View this post on Instagram

ALEX!!!!!! Way to stick it. I’m over the moon for you. 😭😭😄😄🙌🏼🙌🏼

Sanni McCandlessさん(@sannimccandless)がシェアした投稿 –

名前:アレックス・オノルド
名前:Alexander J. Honnold
生年月日:1985年8月17日(33歳)
アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント
職業: ロッククライマー

ALONE ON THE WALL アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡

【新品】【本】ROCK & SNOW 080(summer issue jun.2018) 特集アレックス・オノルド/ワイドクラックの世界

新品北米版DVD!【クレイジー・フォー・マウンテン】 Mountain [DVD]!

Amazonで探す>>>Amazon.co.jp

楽天で探す>>>楽天市場

Yahooで探す>>>Yahoo!ショッピング

フリーソロ・クライミングとは

フリーソロ・クライミングとは命綱なしで岩山を上るスタイルのこと。フリーソロとは、命綱など安全確保道具を一切使わず、1人で岩壁を登るまさに究極のクライミングスタイルである。 安全確保器具がなく、墜落したら死につながる為、身体能力・経験・精神力・度胸および冷静な判断が全て揃ってる超人でないと無理な究極なスポーツ。

引用:https://fineplay.me/climb/2980/

アレックス・オノルド フリーソロ登頂歴

2008年、ヨセミテにあるハーフドームの北西壁とユタ州ザイオン国立公園のムーンライトバトレスへの登頂に、ロープなしで成功。

その他、ビッグウォール・クライミング、エル・キャピタン ノーズ 最速登攀、フィッツ・ロイ完全縦走など。

そして、2017年6月3日、全人未踏の歴史的偉業を成し遂げました。アメリカ カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園のエル・キャピタン、地上915メートルに達する主要ルートを3時間56分で命綱なしで登り切ったのです。

エル・キャピタンの画像がこちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

考えられないですね。この絶壁岩山をロープなしで地上から頂上まで上り詰めるなんて人間じゃありません!想像しただけで身震いしてしまいます。

☆ヨセミテ国立公園についてはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

国立公園を見ずしてアメリカを語れないというほど、アメリカの国立公園には大自然が息づいています。そのアメリカの国立公園58か所の中で特にイエロ...

アレックス・オノルド 緻密さ

アレックス・オノルド氏がこの前人未踏の偉業を成し遂げた裏には、血のにじむような努力と長年にわたる研究と練習があってからこそです。

フリーソロの危険さは百も承知で、ひとつ間違えば死ぬこともわかっている。けれど、恐怖は成功させるためには何のたしにもならないという事も理解していて、恐怖を完全に制御しているのです。

フリーソロで挑戦する前はまるで死を覚悟しているサムライの様な戦士の様な気分なのだそうです。

ガールフレンドに気を付けてと言われても、これ以上どう気を付けていいか分からないぐらい細心の注意を払い、用意周到しているのです。

研究熱心で、客観的分析能力も高く、何でもメモに取る習慣があり、訓練の記録やクライミングの自己評価を詳細に日誌に書き留めます。

本当にクライミングのためだけに生きていると言っても過言ではないストイックさなのです。

Free Solo ドキュメンタリー

Free Solo

PG-13 2018年 スポーツ/ドキュメンタリー 1時間 40分
公開日: 2018年9月28日 (アメリカ合衆国)
監督: ジミー・チン、 Elizabeth Chai Vasarhelyi
音楽: マルコ・ベルトラミ
ノミネート: BAFTA Award for Best Documentary
プロデューサー: ジミー・チン、 Elizabeth Chai Vasarhelyi、 エバン・ヘイズ、 シャノン・ディル

Free Soloでは、ヨセミテのエルキャピタンを命綱なしで登り切るまでの全てを記録しています。

その挑戦は周りの限られたものしか知らず、密に計画が進められていました。そんな全てが凝縮されたドキュメンタリーこそが、Free Solo。

登る人も命がけですが、映画クルーも命がけ。フリーソロはクライマーであり、写真家、そして、映画『MERU/メルー』の監督として知られるジミー・チンとクルーが命がけで挑んだ撮影も見物です。

Free Solo Youtube動画

アレックス・オノルド 生い立ち

アレックス・オノルド氏にクライミングを教えたのは父親でした。しかし、アレックスの父親はアスペルガーで、アレックスは父親からハグをされたことがないのだそうです。

親からハグやキスなどの愛情表現を受けたことがなく、アレックスは大人になるまでハグの仕方が分からず、大人になってから見よう見真似で覚えたそうです。

そして、両親は離婚し、一年後に父親は亡くなってしまいました。このエルキャピタンのフリーソロの成功を見届けてほしかったと本人は語っていました。

アレックスのガールフレンドがかわいい!

アレックスにはガールフレンドがいます。彼女の名前は、サンニ・マッカンドレス(Sanni McCandless)。

View this post on Instagram

Hi everyone! My life coaching business has officially launched! *link in bio* As a transition coach, I work with outdoor-focused people who want to create more tailored, intentional, and fulfilling lifestyles. The process is all about breaking down internal blockers, communicating more honestly, setting goals, and following through. Coaching is a way to invest in yourself – it’s time set aside to nurture your aspirations and hold yourself accountable. Interested? Have more questions? I’m taking clients this summer at a discounted rate, so I encourage you to set up a complimentary 30 min phone session and see if coaching might be a good fit! || photo credit @samuelcrossley

Sanni McCandlessさん(@sannimccandless)がシェアした投稿 –

フリーソロをしている人が彼氏だなんて同情してしまいますが、二人はアレックスのサイン会で出会ったそうです。

View this post on Instagram

Sanni McCandlessさん(@sannimccandless)がシェアした投稿

彼が何をしている人かも良くわかっていなかったサンニですが、友達に電話番号わたしちゃえと冗談で言われ、ノリで電話番号を書いたメモをアレックスに渡したら電話がかかってきたそうです。

そして、二人はデートするようになり、今ではサンニはアレックスの夢を叶えるサポートを一緒にしています。

そんな二人の関係性もドキュメンタリーではありのまま映し出されていて、興味深かったです。

アレックスにとっては今までで一番安定していて心地が良い相手なのだそうです。

アレックス・オノルド まとめ

いかがでしたでしょうか。

アレックス・オノルド、恐るべしです。自分はもともと、自然に無謀な挑戦する人たちに対して否定的でした。むしろ、自然に勝てるわけがないと、愚かだとすら思っていた方なのですが、このドキュメンタリーを見て、少し考え方が変わったような気がします。

危険な挑戦をするのは、注目を浴びるため、もしくはお金のためだと思っていたところがあるのですが、それだけじゃないという事を初めて知ったからです。

フリーソロというスタイルについてどうというより、アレックス・オノルドという人物に対してといったほうが正確かもしれません。

アレックス・オノルドは、普通の人とは全く違うのです。

普段はバンでひっそりと暮らし、寡黙でひょうひょうとしていて、シャイ。欲がなく、何かを悟っているようで、どことなく神々しくもあり、とにかく、ユニークなんです。どこがどう違うのかと考えた時に、よく分からないのですが、一番死に近いところで生きているところなのかと思いました。

アレックス・オノルドは自然に畏敬の念を抱いていて、自然の偉大も尊大さも誰よりもわかっていてあえて挑戦しているのです。そして、アレックス・オノルドがクライミングしている時はまるで自然と一体となって、自然から受け入れられている様にすら見えるのです。

お金や名声のためではなく、本当に自分の心からの純粋な情熱で続けている挑戦で、自分が達成感を得られる道の先にフリーソロがある。

そこに他者からの期待や余計な邪念はないように見受けられるのですが、あまり共感性のあるタイプではないアレックス・オノルドがエルキャピタンをフリーソロで登頂する撮影クルーの前で、落ちると皆が悲しむから嫌だと言った時は、そういう感情も持ち合わせているのだと驚いたぐらいです。

それほど、アレックス・オノルドは超人的で人間らしくない何かを超越したようなものを感じさせる普通じゃない人なんです。

ひとつ間違えば死ぬ、どうしてそんな無謀な挑戦を続けるのか、そういった多くの人が抱く疑問に応えるドキュメンタリー映画となっているのではないでしょうか。

【関連記事】

森秋彩(もりあい)が超期待のクライマー!出身中学や家族情報は?目指せ東京オリンピック! 2018年3月4日埼玉県で行われたスポーツクライミ...



スポンサーリンク




シェアする

フォローする




スポンサーリンク