阿川弘之(あがわひろゆき)は熟年結婚した阿川佐和子(あがわさわこ)の父親で作家!家族構成や代表作は?wikiプロフィールやインスタ写真は?キンスマ



強父・阿川弘之(あがわひろゆき)の教育方針は?阿川佐和子が強父論で語る厳しすぎた父!金スマ

2/16 (金) MBS毎日放送 20:00 ~ 22:00  中居正広のキンスマスペシャル[字]今最も輝く60代、阿川佐和子!保阪尚希2千億商談!? ウェブ検索

番組概要
保阪尚希が今スゴい…旧友・中居が驚愕…2000億の商談!?謎のストイック生活!?▽熟年結婚…女優デビュー!今最も輝く60代、阿川佐和子…厳しすぎた父・阿川弘之

番組詳細
【MC】 中居正広 【パネラー】 大竹しのぶ 假屋崎省吾 室井佑月 (他) 安住紳一郎(TBSアナウンサー) 山本匠晃(TBSアナウンサー)

2000億の商談!?通販王!?謎のストイック生活…保阪尚希が今スゴい…旧友・中居が驚愕… ▽熟年結婚…女優デビュー!今最も輝く60代、阿川佐和子!厳しすぎた父・阿川弘之…意外と知らない阿川佐和子の人生に迫る!

阿川弘之 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:阿川弘之 あがわ ひろゆき
小説家
生年月日: 1920年12月24日
生まれ: 広島県 広島市
死亡: 2015年8月3日, 東京都 94歳
映画: きかんしゃやえもん D51の大冒険
子供: 阿川佐和子、 阿川尚之

阿川弘之は、広島県に生まれた日本の小説家、評論家です。地方の平凡な中流家庭に生まれ、小学校から大学まで、ごく平坦平凡な学生生活を送ったそうです。

阿川弘之は戦争中は海軍に従軍していました。戦後間もなく志賀直哉と縁があり、以来作家として生活するようになりました。

大日本帝国海軍提督を描いた3部作『山本五十六』『米内光政』『井上成美』は代表作として知られています。

3男1女に恵まれ、娘はテレビ業界で有名になった阿川佐和子さんです。94歳でお亡くなりになりました。

阿川弘之 作品・著書・書籍

代表作

・1952年 春の城
春の城改版 (新潮文庫) [ 阿川弘之 ]

・1956年 雲の墓標
雲の墓標改版 (新潮文庫) [ 阿川弘之 ]

・1965年 山本五十六

山本五十六 上/阿川弘之【2500円以上送料無料】

山本五十六 下/阿川弘之【2500円以上送料無料】

・1986年 井上成美

阿川弘之 受賞歴

・読売文学賞(1953年・2002年)
・新潮社文学賞(1966年)
・日本芸術院賞・恩賜賞(1979年)
・日本文学大賞(1987年)
・野間文芸賞(1994年)
・毎日出版文化賞(1994年)
・文化勲章(1999年)
・菊池寛賞(2007年)

阿川弘之 家族

阿川弘之 妻

阿川弘之の奥様は阿川弘之よりも8歳ほど年下だそうです。末っ子の淳之さんを出産したのは40歳代と高齢出産でした。阿川弘之さんは強父としても知られていますが、亭主関白という意味で強夫でもあったそうです。

しかし、介護付きの病院で過ごされていたとき、阿川佐和子さんと奥様と一緒にお見舞いに行くと、「お前は大丈夫か」という気遣いだったそうです。そして、奥様の手を握って離さないこともあったというから心がほころびますね。

娘である阿川佐和子さんはかんしゃく持ちで気難しい性格だと阿川弘之さんを表現していますが、亭主関白の人は、不器用で言葉に出来ないのですが、心ではきっと感謝しているんですね。

阿川弘之 長男 阿川尚之

1951年4月生生まれで現在は、法学者・慶應義塾大学教授として活躍されています。

憲法改正とは何かーアメリカ改憲史から考えるー(新潮選書)【電子書籍】[ 阿川尚之 ]

憲法で読むアメリカ史 (ちくま学芸文庫) [ 阿川尚之 ]

阿川弘之 長女 阿川佐和子

名前:阿川佐和子 あがわ さわこ
エッセイスト
阿川 佐和子は、日本のエッセイスト、小説家、タレント。 ウィキペディア
生年月日: 1953年11月1日 (64歳)
生まれ: 東京都
身長: 150 cm
両親: 阿川弘之
兄弟姉妹: 阿川尚之

強父論【電子書籍】[ 阿川佐和子 ]

阿川佐和子 旦那

お見合い歴30回とも自称している阿川佐和子は最近、熟年結婚をしたことでも話題となりましたね。お相手は元大学教授のS氏と表現し、曽根泰教さんという方だとネット上でほぼ特定されていますが、当のご本人の曽根泰教氏は「私ではありません!」と否定されています。

現在のところ、阿川佐和子さんは旦那さんの写真や名前は公表していません。しかし、週刊誌では下記の様に記しています。

お相手は阿川さんより6才年上の慶応大学元教授Sさん(69才)。大学を定年退職した後も教育関連の仕事をこなし、趣味はゴルフと「数独」。いつもノホホンとしており、気の強い阿川さんを優しく懐柔する人柄。

2017年5月18日発売の『週刊文春』

二男 知之

1961年生まれで小説「末っ子」に描写されているそうです。

三男 淳之

1972年生まれ。小説「末の末っ子」で詳しくユーモラス描写されているそうです。就職は日本航空だそうです。

末の末っ子 (ちくま文庫) [ 阿川 弘之 ]

【関連記事】

出家した保坂尚希が10億円稼ぐ敏腕通販コンサルタントに?!通販王保阪尚希のオリジナルブランド「保阪流」が凄すぎ…
三浦大知が紅白出場内定決定!デビュー20周年でやっと実現した実力派!紅白、レコ大での圧巻のパフォーマンス 大みそかの「第68回NHK紅白歌...



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク