インフルエンザ・花粉の季節到来!7割以上が間違っている正しいマスクの付け方とは?電車で会社でくしゃみや咳をしている人から身を守る方法!



インフルエンザが怖い!正しいマスクの着用方法を知って防御しよう!くしゃみで飛沫2mジェット噴射の驚異!

今年はインフルエンザが特に猛威をふるっているそうです。しかし、マスクをしている人を最近見ません。マスク着用者は花粉の季節の方が多い気がしませんか?インフルエンザ予防にもマスクは必須です!マスクなしでくしゃみをするとしぶきが2メートルも飛ぶと言います。想像しただけで恐ろしいですね・・・この機会に正しいマスクの着用方法を知って予防しましょう!

正しいマスクの付け方は?

マスクには表裏がある

マスクにはもちろん表裏があります。トップ部分は針金の様な固い素材が使用されていて、鼻の形にフィットさせることができます。

マスクは顎にかけない!鼻を覆う!

息苦しくなるのか顎にかけている人をよく見かけますが意味をなしません。また。鼻からも呼吸をするので、鼻を覆わないと意味がありません。

また、顎にウイルスが付着してしまうと、口に戻した時にウィルスを口に当ててしまうようなものだそうです。

マスクを外す時は紐だけで

マスクは紐の部分だけを触って外すようにしましょう。マスク部分には外的防御したさまざまなウィルスが付着している可能性が大きいです。

マスクは頻繁に変えよう

もったいないという精神はかなぐり捨てて、マスクは出来るだけ交換しましょう。ポケットに入れても汚れてしまいます。使い捨ての感覚で衛生を保つよう心がけましょう。



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク