粕谷哲(かすやてつ)4:6メソッドでWorld Brewers Cup 2016アジア人初世界チャンピオン!イケメンバリスタの年齢や経歴wiki風プロフィールやインスタ写真は?



粕谷哲(Tetsu Kasuya)の4:6メソッドやレシピは?元ITからコーヒーファクトリー転職しバリスタを目指したきっかけは?

粕谷哲 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:粕谷哲

読み方:かすや てつ

生年月日:1984年12月13日

出身:茨城県

職業:元IT企業勤務→バリスタ

粕谷哲さんは、わずか3年でアジア人初の世界チャンピオンに輝いたバリスタです。

バリスタを目指したきっかけは、糖尿病でした。入院中に自分で入れたコーヒーがまずくて、もっと美味しいコーヒーを淹れたいと思ったのがきっかけだそうです。

そこから、わずか3年で世界のコンテストで頂点に輝いた粕谷さんの経歴はどんなものなのでしょうか?

粕谷 哲 経歴

2003年4月~2007年3月 青山学院大学の国際政治経済学部でファイナンスを専攻

2007年4月 青山学院大学大学院専門職大学院ファイナンスマネジメント研究科(博士課程)に進学→大学院でもファイナンスを専攻し、博士課程前期を修了(修士号)

2007年4月 IT系のベンチャー企業に就職、大手企業を10社程度担当し、保守運用・業務などを担う

2012年に1型糖尿病を発病し、入院生活中にコーヒーに目覚める

2013年6月 IT系のベンチャー企業退職し、同年7月に現COFFEE FACTORYに入社

2013年バリスタとしての道を進み始る

2014年2月 初めて出場したJapan Brewers Cup 2014予選落ち

2015年2月 Japan Brewers Cup 2014/2015予選落ち

2015年2月 Japan Aeropress Championship 2015優勝

2015年8月 Japan Brewers Cup 2015予選通過

2015年10月 本戦優勝

2016年6月 アイルランドのダブリンで行われたWorld Brewers Cup 2016にて日本人初の決勝進出、アジア人初の世界制覇を達成

粕谷哲 1型糖尿病とは

1型糖尿病は、主に自己免疫によっておこる病気て、自分の体のリンパ球かあやまって内乱を起こし、自分自身のインスリン工場、膵臓にある膵島β細胞、の大部分を破壊してしまうことて発病します。

粕谷哲 受賞歴

2016. 6月  World Brewers Cup 2016 優勝(アジア人初)

2015.10月  Japan Brewers Cup 2015 優勝

2015. 2月 Japan Aeropress Championship 2015 優勝

粕谷哲 現在は?

粕谷哲さんは世界チャンピオンとなってからは、アジアや日本各地でセミナーやワークショップを行い、精力的に次世代のバリスタ育成や一般消費者に向けてコーヒーの魅力を発信しているそうです。

粕谷哲 コーヒーの淹れ方

粕谷哲 4:6メソッド 基本

1. 注ぐお湯の全量を40%と60%に分ける

2. 40%量のお湯を2回に分けてそそぐ(初めの2回が酸味と甘みのバランスを決める)

3. 残りの60%を何回に分けて注ぎたいかを決める(残りの回数によってコーヒーの強さが決まる)

粕谷哲 レシピ

パナマのNinety Plus Gesha エステートのナチュラルプロセス・ゲイシャ使用

1. コーヒー20gと92度のお湯を300g用意する

・コーヒーのクリーンな味と華やかなフレーバーを引き出すため、粗挽き

・水は0.3ppmの純水で、PHは6.6

2. お湯の量は300g。4:6メソッドにより、注ぐお湯は2回はあわせて120g

・1回目により多く注いだ場合は、酸味が強く、少なく注いだ場合は、全体的な甘みがより強くなる

3. 今回は、甘みをより引き出すため、1回目では50gを注ぎ、二回目で残りの70g注ぐ

5. 1回目と2回目それぞれのお湯の量で、最終的な酸味と甘みが決まります。1回目により多く注いだ場合は、酸味が強く、少なく注いだ場合は、全体的な甘みがより強くなります。

引用:https://jp.kurasu.kyoto/blogs/kurasu-journal/2016-world-brewers-cup-champion-tetsu-kasuya

粕谷哲 4 6メソッド 通販は?

【HARIO】TETSU KASUYA 磁器 ドリッパー 粕谷モデル ブラック(粕谷哲/計量スプーン付/円すい形/1〜4杯用)[宅配便配送(メール便とネコポスは不可)]

【ポイント10倍】【クーポンあり】HARIO ハリオ カッピングボウル・粕谷モデル KCB-260-B/粕谷哲氏プロデュースのカッピングボウル。

HARIO ハリオ ミニドリップケトル・粕谷モデル 300ml KDK-300-MB

白神山地の水500ミリリットル×24本入り1ケース

Amazonで探す>>>Amazon.co.jp

楽天で探す>>>楽天市場

Yahooで探す>>>Yahoo!ショッピング

粕谷哲 SNSアカウントやブログは?

★公式ホームページ⇒https://www.hario.jp/pickup_kasuyamodel/index.htm

View this post on Instagram

このドリップポットの持ち方。 これ見ると、あぁ俺はコーヒーファクトリーで育ったんだなって思う。 色々な国でコーヒーを淹れる機会に恵まれている今があるのはすべて一から育ててくれたコーヒーファクトリーのおかげ。 まさか台湾で原点を再認識するとは笑 This way of holding kettle reminds me @coffeefactory.jp which had educated me from scratch. They’re my father and mother and brothers in this coffee industry. They made me who I am. . Photo by @leo.sheng.wang #coffeefactory #コーヒーファクトリー #tetsukasuya #wbrc2016 #champion #philocoffea #フィロコフィア #つくば #船橋 #funabashi #coffee #coffeebrewing #specialtycoffee #japan

Tetsu Kasuyaさん(@tetsukasuya)がシェアした投稿 –

★Twitterアカウント⇒https://twitter.com/tetsukasuya

★公式Website⇒http://tetsukasuya.com/

★Facebook⇒https://www.facebook.com/BaristaTetsuKasuya/

粕谷哲 Youtube動画

【関連記事】

後藤直紀(ごとうなおき)の豆香洞コーヒー店(とうかどうこーひー)の場所は?コーヒーマシンやコーヒー豆通販は?結…



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク