武部貴則(たけべたかのり)がミニ肝臓や広告医学研究で横浜市立大学内で医学部現役最年少のイケメン准教授に!年齢や経歴wiki風プロフィールやインスタ写真は?






武部貴則准教授が超イケメンの若き天才!iPS細胞研究分野でネイチャーにも掲載された実績!結婚や研究内容は?

武部貴則のwiki風プロフィールやインスタ画像

名前:武部 貴則 たけべ たかのり

生年月日:1986年 現在31歳

出身:神奈川県横浜市

出身高校:神奈川県立柏陽高等学校

出身大学:横浜市立大学医学部卒業

職業:横浜市立大学医学群臓器再生医学准教授、シンシナティ小児病院

専門:再生医学・広告医学

実験医学 2017年10月号 オルガノイド4.0時代 (実験医学) [ 武部 貴則 ]

・高校時代、父親が脳卒中で倒れたことがきっかけで医者を目指すようになった

・結婚の情報はない(現在も独身の可能性が高い)

・1973年以降、学内で最年少の教授就任

華麗なる略歴や経歴は?

2009年米スクリプス研究所(化学科)研究員

2008年臓器移植の現場を経験し優秀学生顕彰事業「奨励賞」受賞

2010年米コロンビア大学(移植外科)研修生

2011年 横浜市立大学医学部医学科卒業

2011年 横浜市立大学助手(臓器再生医学)に着任、電通×博報堂 ミライデザインラボ研究員を併任

2012年 横浜市立大学先端医科学研究センター研究開発プロジェクトリーダー

2013年 2013年より横浜市立大学准教授(臓器再生医学)

2015年 シンシナティ大学准教授(小児科)を兼務、独立行政法人科学技術振興機構 さきがけ「細胞機能の構成的な理解と制御」領域研究者、スタンフォード大学幹細胞生物学研究所客員准教授などを兼務

研究内容や成果

・2013年世界初の「ミニ肝臓」作製や複製(5ミリの肝臓の芽、いわゆる肝芽を作ることに成功)

・現在はヒトiPS細胞から作った臓器を世界で初めて人に移植をする「ファーストインマン試験」を行うための研究

・成功すれば、ネアンデルタール人の臓器も再現可能

・「クロスアポイントメント」という制度を利用し、米国(オハイオ州シンシナティ小児病院)と日本で6:4の割合で研究

・「広告医学」という「デザインや広告の手法で医療情報を伝え、健康行動を促すという考え方の普及にも尽力

★Instagram⇒

. 【イベント参加】 お友達のモデル・ AneCanの連載でずっとお仕事一緒にしていた #近藤しづか さんにお誘いいただいて「 #食のおくすり 」のリリースイベントに参加してきました! . 医師・医学博士・管理栄養士などの健康のスペシャリストが集結し食へアプローチをしていく会社です。 築地から仕入れた新鮮な国産野菜を管理栄養士が考えた健康レシピとともにご自宅に宅配される“ #食のおくすりキット ” の紹介もありました。 . ハーバード大学院にて博士号を取得されマッキャングローバルヘルス等でご活躍の #林英恵 さん、未来の健康を予想し予防策を立て再生医学・医療の最先端で研究をされている #武部貴則 さん など、他にもこのためにアメリカや海外からお越しの方々がいらっしゃいました。 . 「料理をすること自体が健康への第一歩」とおっしゃる林先生のお話を聞き、私ができることというのはやはり0を1にしていくこと、1人でも多くの方に料理をするきっかけを作ることだと思いました。 . 関係者の皆様が集まる懇親会の席にも参加させていただき新たな繋がりも出来ました。 ヒト・モノ・コト を未来に繋げていこう。 . しづかさん誘ってくれてありがとう♡ . #岩木みさき #実践料理研究家 #食を通して健康と伝統を伝える #初心者向け料理教室教室 #misakitchen #ガチみそ

岩木みさきさん(@iwaki.misaki)がシェアした投稿 –

★ツイッター⇒

【関連記事】

若き天才 落合陽一(おちあいよういち)の父親は国際ジャーナリスト落合信彦で叔父は空手家落合秀彦!妻や子供は?ファッションも魔法使い! わず...



スポンサーリンク




シェアする

フォローする




スポンサーリンク