小林陽子(こばやしようこ)移住コーディネーターは瀬戸内寂聴の愛弟子だった!年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真は?深イイ話




小林陽子の壮絶過去とは?移住コーディネーターの仕事内容や瀬戸内寂聴との出会いや関係は?

5/21 (月) よみうりテレビ 21:00 ~ 21:54 人生が変わる1分間の深イイ話 96歳!瀬戸内寂聴VS強烈キャラ愛弟子TV初密着

番組概要
男よりたくましい女性は本当に幸せ?▽96歳!パワフル瀬戸内寂聴VS超強烈キャラの愛弟子・小林陽子にテレビ初密着!巨額借金…自殺考えた壮絶過去…絶望の淵から救った寂聴の言葉とは?▽平昌五輪パシュート金メダリスト・菊池彩花に密着&美人5姉妹もテレビ初登場!実は…長女以外の4人が五輪選手!超一流アスリート育てた両親の驚愕教育方針とは!?▽チュート徳井が一番会いたいモデル美女スタジオ登場!

番組詳細
【SPコメンテーター】 今田耕司 【司会進行】 羽鳥慎一 【パネラー】 チュートリアル 稲村亜美 岡副麻希 ギャル曽根 後藤輝基 高橋真麻 【密着】 瀬戸内寂聴&小林陽子 菊池彩花(パシュート)

小林陽子 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:小林陽子 こばやしようこ

現在の年齢:68歳

出身地:徳島県日和佐(美波町)

出身大学:近畿の大学

職業:移住コーディネーター、一般社団法人アンド・モア 代表理事

小林陽子 経歴

小林陽子さんは、徳島県美波町で生まれ育ちました。

関西の大学に通うため、徳島県美波町を離れ大阪に移り住みます。そして、そのまま大学で出会った人と結婚し、大阪で優雅なマンション暮らしをしていました。

しかし、転機が訪れたのが、小林さんが33歳のころ。実家の新聞販売店を継ぐためUターンをしました。

そこで、高齢化により人口が減り、徐々に衰退していく故郷を目の当たりにし、このままではいけないと思い立ったそうです。

実家に戻った時に、都会の暮らしの様に物に溢れ豊かな状況から、調味料をとってみても手に入れるのが難しい田舎に、小林さんはまるで「社会」から取り残されていくような埋没感に襲われたそうです。

そんな自信の経験をこれからUターンをする人や移り住んでくる人に味わってもらいたくない、そして、稼業の新聞販売店は小売りやお店からの広告収入もとても大きいです。人口減少で収入も減り、危機感を感じました。

そんな時、第二の転機が訪れました。真珠のジュエリーブランド「TASAKI」の研究所が日和佐に設立されることになり、その研究員の人たちの家を探しを手伝ってほしいといわれたことです。

新聞販売店なので情報網や地理にも強いですね。この、家探しが小林さんの移住コーディネーターの第一歩となりました。

小林さんは新聞販売店を営む傍ら、43歳から約20年間、ウィーンの森 バーデン市劇場の日本公演の総合プロデュースする仕事にも携わりました。この経験が本格的に移住コーディネーターとして活躍される上で非常に役に立ったそうです。

そして、本格的に移住コーディネーターとして活躍するようになったのは、新聞販売店を辞め、自宅の一角に移住交流サロンを設けたときからです。

今まではボランティアでやっていた小林さんですが、63歳の時に美波町役場から「ウェルかめコーディネーター」として役場と連携し、移住希望者と町を繋ぐサポートをしています。

移住フェアへ参加したり、移住相談にのることから始まり、町の案内や住む場所を探したり、マッチングから空き家改装まで、幅広くマルチに活動する移住支援のサポートは多岐にわたります。

小林陽子さんは今では名物コーディネーターとして定着率100%の実績を残し、その業界では有名人です。

では、寂聴さんとの出会いはいつ頃からなのでしょうか?今では、瀬戸内寂聴の愛弟子として認められて存在でもあります。

瀬戸内寂聴と小林陽子

実はお二人の出会いは1983年、小林さんが33歳のころに大阪から徳島県へUターンしたときにさかのぼります。

瀬戸内寂聴さんは、徳島出身の作家です。小林さんは瀬戸内寂聴さんの私塾『寂聴塾』に参加し、その後、ずっと弟子として寂聴さんとの交流が続いています。

43歳からウイーンから本場『ウイーンの森バーデン市劇場』のオペラ・オペレッタの全国ツアーを依頼されたのも、寂聴さんとの交流がきっかけだったそうです。

小林陽子さんの苦難とは?

小林さんは順風満帆な人生を歩んできたわけではありません。

巨額借金から自殺考えた壮絶な過去を持っているというのです。そんな絶望の淵から救った寂聴さんの言葉とは?

5月21日の人生が変わる1分間の深イイ話を楽しみに待ちましょう。

【関連記事】

瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)の秘書が可愛い!彼氏や結婚は?まなほの寂庵日記が面白い!深イイ話・今くら・セ…



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク