ハムスターアレルギーに注意!ハムスターに咬まれて意識不明アナフィラキシーショックに!?アレルゲンや原因は何?






ハムスターアレルギーとは?ハムスターのフケや尿、唾液には要注意!

2019年2月12日放送の世界仰天で紹介されていたハムスターアレルギーがとても怖いのでご紹介します。

ペットを飼う時はアレルギーがないかも重要なポイントですね。

2012年埼玉県で起こった事例

番組で紹介されていたのは、母親と二人で暮らしていたAさんのケースです。

Aさんの最近の楽しみは飼いはじめたハムスターと遊ぶことでした。

飼いはじめてから2年ほど経ったころ、ケージの掃除をしている時、咳が出るようになったそうです。

もともと猫アレルギーを持っていたAさんは、ハムスターにも反応したのかと思いながらも毎日世話を続けていました。

2016年4月、ついに事件が起こってしまします。

いつもの様に、朝起きてハムスターに餌をやりにいくと、指先を噛まれてしまいました。

しばらくして、Aさんは倒れこんで意識を失ってしまったのです。

すぐに病院へ連れて行くと、血圧が下がり、弱い呼吸状態でした。酸素マスクがつけられ、心肺停止の状態にまで陥り、心臓マッサージで再び心臓が動き始めました。

Aさんはアナフィラキシーショックを受けていました。注射を打つと何とか呼吸は安定しましたが、意識がもどりませんでした。

母親に朝から何か食べたかと聞くと、朝ごはんの前で食べていないこと、ハムスターに餌をあげた事を伝えましたが原因を特定することはできませんでした。

3日間意識が戻らないまま、ようやく目を覚ましたAさん。翌日、一般病棟に移動し倒れたときのことを聞くと、ハムスターに指を噛まれたという事を思い出しました。

今まで何回か噛まれたことはありますが、血が出たのは二回目だそうです。

医師はハムスターの唾液が原因ではないかと推測しました。

ハムスターアレルギーとは

ハムスターのフケや尿、唾液で引き起こされるアレルギーのこと。

中でも、唾液は噛まれた際にアレルゲンが血流で全身を巡るため、呼吸困難や意識障害など重い症状が出やすいのだそうです。

後日、検査を受けると、Aさんにハムスターアレルギーがあることが確認されました。

ハムスターを飼う時、注意書きがあるそうです。

ハムスターに咬まれたことにより、アナフィラキシーショックを起こす場合があります。ハムスターの唾液に対してアレルギー反応を起こすことにより発生したと考えられています。過度にハムスターに接触しないこと、かまれないようにすることに注意してください。

過去には死亡例もあるそうです。

どうしても接触しなければいけないときは手袋を着用するようにしましょう。全ての人に起こる反応ではありませんが、アレルギーの疑いがある場合は、より注意が必要という事ですね。

【関連記事】

染毛剤でアナフィラキシーショック!?原因は何?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カラーリング剤で顔が崩れる恐怖のアレルギー!ジアミンを含む白髪染めや染毛剤の危険性 2019年2月12日の仰天で染毛剤のアレルギーが紹介されていました。一体、どんなアレルギーなのでしょうか。 フランスで起こった事例 フランスに住む当時19歳エステル(Estelle)さんの事例をご紹介します。 美しい顔がわずか二日で見る...



スポンサーリンク




シェアする

フォローする




スポンサーリンク