ハンマーリバーが凄すぎる!ハンマーヘッドシャークの大群がいる日本最西端に位置する与那国島の海「西崎(にしざき)」とは?wiki基本情報やインスタ画像は?何これ



ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)は危険?ハンマーリバーの観測時期や観測スポットは沖縄の西崎(にしざき)がお勧め?

3/14 (水) フジテレビ 19:00 ~ 20:54  世界の何だコレ!?ミステリー~貴重シーン連発!謎解き大調査SP~

番組概要
■沖縄の海で「ハンマーヘッドシャークの大群」 以前、番組でご紹介した貴重映像“サンゴの産卵”を捉えた水中カメラマンから「この時期、沖縄の与那国島でハンマーヘッドシャークの大群が見られます。それは、まるで“川”のように見える奇跡の光景です」という情報が!

ハンマーヘッドシャーク wiki基本情報や画像

シュモクザメ Hammerhead shark
サメ
シュモクザメはメジロザメ目のシュモクザメ科 Sphyrnidae に属するサメの総称。 ウィキペディア
学名: Sphyrnidae
分類階級: 科
上位分類: メジロザメ目

ハンマーヘッドシャークとは

沖縄に生息しているシュモクザメはアカシュモクザメです。

頭の先が鐘を叩くT字型の「撞木(しゅもく)」のような形をしているため、日本での名称はシュモクザメという名前が付けられています。

ハンマーヘッドシャーク 特徴

・金槌の様な頭を持っている

・目は側面についているため、正面が全く見えない

・くねくねと頭を振って泳ぐ

・頭部にはサメ特有のロレンチーニ器官があり、超微量の電流を探知できる

・メス単体で子供を産んだ記録がある

・高級食材フカヒレの材料

・肉食性のサメ

・性格は臆病

・サメとしてはめずらしく群れを成して行動する

ハンマーヘッドシャーク 危険?

日本海近郊にも生息しているハンマーヘッドシャークは肉食性です。

よって、ハンマーヘッドシャークが出没すると監視や捕獲、遊泳禁止の対策が取られることもあります。

大きな個体になると6m。不用意に近づくことは危険ですが、人的被害の報告例はほとんどありません。(ほとんどの死傷被害はホホジロザメまたはイタチザメによるもの)

ハンマーヘッドシャーク 観測スポット 西崎

ダイビングスポット「西崎」in 沖縄

・最大水深:25~30m

・流れ:ときに強い

沖縄島の最西端の岬で、ハンマーヘッドシャーク(アカシュモクザメ)との遭遇率が高いスポット。

「ハンマーヘッドロック」「南の根」などいくつかのダイビングスポットを総称して「西崎」と呼ばれている。

島の最西端の岬「西崎(いりざき)」のダイビングスポットでは、ハンマーヘッドシャーク(アカシュモクザメ)と高確率で見ることが出来るスポットとして知られています。

最寄りの町の場所はこちら

沖縄島の最西端の岬「西崎町(いりざきちょう)」

西崎町
〒901-0306 沖縄県糸満市

ハンマーリバーとは

次から次へハンマーの群れが流れてきて、まるで川の様になる「ハンマーリバー」と呼ばれる現象のこと

ハンマーヘッドシャーク 観測時期

観測時期として狙い目なのは冬から春にかけての12~5月頃です。

ハンマーヘッドシャーク 画像や写真

ハンマーリバー 与那国島 Youtube動画

多い時は数百尾という大群で現れることも。臆病なので、近づくときは群れと並んで泳ぐようにするといいそうです。

【関連記事】

エルゴン山のキツム洞窟の場所や行き方は?ゾウが深夜、列をなして入ってくる不思議な洞窟とは?アフリカ・ケニア &…
沖縄与那国島の海底に沈む巨石群は何?自然地形説だから海底遺跡じゃなくて節理?巨石群は人が造った?それとも自然に…



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク