サンフランシスコで夜景を見るなら、ツインピークスとトレジャーアイランド!

サンフランシスコで夜景を鑑賞するなら、定番はツインピークスとトレジャーアイランドです!夜は昼間とは雰囲気が変わり、海の景色とサンフランシスコの街の灯りがとてもきれいです。
まずは、山の上からじっくりと街を見下ろしてみましょう。

ツインピークス Twin Peaks

サンフランシスコはローマと同じく主要7つの丘からなっています。大小合わせると43にも達し、その中で最も代表的な丘がTwin Peaksで、標高280mです。お椀形の形の良い丘が双子のように並んでいます。

ツインピークスは地図の上ではちょうどサンフランシスコの中心部に位置していて、このツインピークスから半径6㎞の円を描きますと、その円周内がサンフランシスコ市内ということになり、東京では山手線の内側ぐらいの広さになっております。

コスタノアンインディアンの伝説によると、大昔この丘は夫婦山として一つの山であったのが、あまりにも長い間大声で夫婦喧嘩ばかりしていたので、神様がある日、大嵐と雷をおこして二つの別の丘にしてしまったと伝えられています。また、この地に最初に入植してきたスペイン人たちは、この形の良いふたつの丘を眺めて、「インディアンの娘の乳房」と呼んでいたそうです。

●Mt. Dividson・・・サンフランシスコで一番小高い丘です。十字架が見えます。標高は316m。

●Twin Peaks・・・南丘276.6m、北丘274.5m、約280mで2番目に高い丘です。

Twin Peaksから、Golden Gate Bridgeやアルカトラズ島、Bay Bridgeを見つけてみましょう。Down Town の街の灯りはとても綺麗です。

次は、島からサンフランシスコを眺めてみましょう。

トレジャーアイランド Treasure island

ベイブリッジを渡ってサンフランシスコ湾の人口島トレージャーアイランドへ行ってみましょう。トレジャーアイランドへはmuniバスも出ていて、車がなくても市内からは結構簡単に行けます。秋には結構大きなライブがあったり、月末の土日にはフリーマーケットなどのイベントが開催されています。

観光スポットが何もないため、人は少なめで静かに夜景を楽しむことが出来ます。湾から眺めるベイブリッジやサンフランシスコのビル街は格別です。ツインピークスは観光客でワイワイしていますが、トレジャーアイランドはロマンティックな雰囲気も演出できます。

実は、一度トレジャーアイランドへの引っ越しを考えて家を見学に行ったりもしました。車はなかったのですが、バスが24時間走っていて、サンフランシスコ市内に比べると家賃も低めです。昼間しか行ったことがなかったのですが、晴れ渡った景色で、島なので解放感があって、でも静かな環境がいいなぁと思っていたのですが、夜は隔離された空間という雰囲気が逆に強く、人気がなく、独特の雰囲気があってやめました。

車があれば、そこまで不自由はないと思うのですが、大きなスーパーやお店がほぼなく、本当に何もありません!バスも混むし、各国の学生さんがたくさん住んでいるという印象で、まさにサンフランシスコのベッドアイランド化しています。



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク