サンフランシスコ市内を散策しよう!散歩をしたくなる公園編



サンフランシスコの素敵な公園

アメリカの好きなところの一つは公園です。青々とした芝生に豊かな自然、そして公園がとても整備されていて広いです。サンフランシスコは蜂鳥も生息していて、ラッキーだとハチドリを見つけることもできます。今回は、サンフランシスコで好きな公園をご紹介したいと思います。天気がいい日がほとんどなので、ぜひのんびりお散歩に出かけて見てください!

アラモスクエア Alamo Square

アラモスクエアはかのアメリカヒットドラマ「フルハウス」の舞台となった場所です。カラフルなマッチ箱の様な家々がサンフランシスコ名物のビクトリア建築です。観光客も結構訪れ写真を撮ったりしていますが、どこを見渡しても絵葉書のような景色です。一時期、雨が全く降らず芝生は茶色くなっていましたが、昨年はエルニーニョ現象の影響で冬期に結構雨が降ったので復活しているといいのですが。。実はこの近くに滞在していましたが、たまに散歩にくる場所でした。犬の散歩をしたり、ランニングをしたり、日曜日の朝にはファーマーズマーケットがあり大好きな公園です。

Victoria建築

もともと成り上がり者ばかりで占められてしたサンフランシスコでは人々は奇抜で派手な装飾の施されたVictoria風の家を好んで建てました。Victoria風の建物にもいろいろありますが、主なものとしてイーストレイク様式、ステック様式、イタリアネート様式、クインアン様式がり、現在約1600戸ぐらいの建物が残っています。少々使い勝手が悪く、また緻密な装飾が施してあるので、現在建てるとしたらかなりの費用がかかり、再び新しく建てられることはないだろうと言われています。サンフランシスコでは大事に保存されています。

デュボス・パーク Duboce Park

Duboce公園はDuboce St & Scott Stにある地元の人に愛されている公園です。サンフランシスコはDog loverが多く、犬を飼っている人がとても多いです。この公園は特にドッグラン・エリアが人気でいつも賑わっています。囲いはしていないのですが、ちゃんとしつけされている犬がほとんどなので不思議と逃げて行ったりはしません。ボールを追いかけたり、フリスビーををしたり、じゃれあったり、楽しくて楽しくてしょうがないワンちゃんを眺めていると本当に癒されます。しかし、芝生の上でゴロンとなるのは少々躊躇してしまいます・・犬の糞尿には気を付けましょう。 Muni metroのN Judah線の Duboce and Noe Street 駅が公園のすぐ横です。

ミッション・ドローレス・パーク Mission Dolores Park

こちらは、ここ数年で注目を浴びだした公園ではないでしょうか。日本のテレビでこの公園が紹介されているのをたまたま見ました。(世界の日本人妻は見た!サンフランシスコ編)

地元ではもともと知られた公園ですが、最近Missionエリアも開発が進んでおしゃれになってきていることから、結構人が多いです。高台にある小さな公園なので、サンフランシスコの街並みが一望できます。

ゴールデンゲートパーク Golden Gate Park

1871年William Hammond Hallを設計者に任命し、設計が開始されました。Hallはこの公園を市民の憩いの場として出来るだけ自然に近い公園を理想として設計しました。最も最初は市民の多くは荒涼とした砂浜に大金を費やすのには批判的でした。1887年にはJohn McLarenを公園の管理人とし、彼はその後56年間1964年に没するまで人生のほとんどをこの公園のために費やしました。彼の功績は大きく、砂の流れを止める草を探し当てたり、井戸を掘って用水の設備も作りました。5000種以上の植物と彼の一生の念願であった100万本の樹々を植え付けることにも成功しました。彼は公園の中に銅像を建てること、また芝生に立ち入り禁止の札を立てることに反対でしたが、彼の死後、彼の功績を記念して銅像を作り、またその周りのつつじ、しゃくなげの植えてある周りにはそれを保護するために立ち入り禁止の立て札が立てられました。長さ6.4㎞、幅800m、120万坪、日比谷公園の28倍、皇居の4倍の広さです。

ヒッピーのエリア、ヘイトアシュベリーとつながっているので観光客も多く、定期的にイベントがあったりするので1度訪れてみてはいかがでしょうか。ちょっとお散歩という規模ではなく広大な敷地ですが、サイクリングも出来ますし、疲れたらバスも園内を走っています。

花の温室 Conservatory of flower

植物園です。大富豪のジェームズ・リックがサンノゼの私邸の庭園に建てようとアイルランドから持ち込もうとしましたが、再建前にリックが世を去ったため、代わりにGolden Gate Parkに引き取られました。ガラス張りの建物は1995年の暴風で大きく損傷したため、改修されて2003年に再び再館しました。

ジャパニーズ・ティー・ガーデン Japanese Tea Garden

日本庭園です。1894年、Mid-Winter博覧会においてJapanese Villageという展示施設でした。この庭園はGeorge Turner Marshというオーストラリア人の商人によって造られ、その後1942年第二次世界大戦までハギワラ氏3代によって運営されました。今日、庭園内には仏塔・門・橋・仏像などがあり、雰囲気の良い茶屋で緑茶とフォーチュンクッキーを味わうことができます。フォーチュンクッキーは1909年にハギワラ氏が発明したと言われています。



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク