アメリカの銀行のATMで現金を入金したら・・・



アメリカの銀行のATMは日本と違う?現金を入金するときは注意!

さて、無事に銀行口座を開設し、
カードが届いたら
入金出金などATMには色々とお世話になると思います。

ここで注意しないといけないのは・・・

ATMで現金を入金すると・・

現金のまま入金すると、
お金が行方不明となってしまう可能性があります!

日本では常識の現金での入金は
アメリカでは非常識・・・

アメリカでは現金を安全面からも多く持ち歩きません。

お金をよこせ!と言わて、万が一たくさん持っていたら、

どうせ全部盗られてしまうのに
どうしてそんなにたくさん持っているんだ!
(損をするじゃないか)

と真顔で言います。

日本人の感覚だと、少なかったら逆ギレされて、発狂されて、あげくの果てに撃たれるんじゃ・・と思ってしまうのですが、そもそも現金を多く持ち歩かないので、すんなり奪って逃げ去るだろうというのがアメリカ的感覚のようです。

それに、アメリカのドル紙幣はすぐにボロボロになるし、アメリカのATMはそもそも現金を数える機能を持ち合わせていないことが多いです。

最近は封筒なしで入金できるATMも普及していますが機能があってもボロボロのドル紙幣を正確に数える機能が優れていません。

これは精巧な機械を作る技術がないのではなくて、

おそらく、

自動販売機がアメリカに浸透しないという理由と同じで、現金がATMにたくさん入っていると、強盗に入られてしまう、ならばそんな機能は失くしてしまおう、という論理からでしょう。

というような背景から、

アメリカでは小切手とクレジットカードが一番信用されているためもし、現金でATMに入金するのなら必ずその銀行のATMの入金方法に注意しましょう。

ATM機械に入金方法の指示が表示されますので、封筒に入れて入金するパターンがあると心に留めておきましょう。

アメリカ人にとってはATMで現金で入金するということ自体があまり馴染みがないことのようで、やり方を聞いてもあまり詳しく知りません。

そもそも、ATMの機械も銀行のスタッフも信用していないから現金でATMに入金しようとは思わないようです。

例えば、ATMで現金で封筒にきちんと入れてお金を入金したとしましょう。

そのお金を、銀行員が数えるときに、悪意のある銀行員だったら100ドルくすねても
封筒のお金が100ドル足りなかったと言えば、物的証拠はないわけです。(封筒へ投入するお金はすべて自己申告のため)

とすると、逆の悪意もありますね。
100ドルしか入れていないのに、200ドル入れたと・・・

もう水掛け論になってしまいます。

実際にそういうケースが発生しているため、

アメリカでは小切手とクレジットカードがもっとも普及しているのです。

結論として、現金で入金する必要があるときは、
銀行の窓口に行くということを強くお勧めします

では、次に実際に現金を入金する方法です。

ATMで現金を封筒に入れて入金する方法

1. カードを入れて暗唱番号を入力
2. ATMに備え付けの封筒にお金を投入
3. 名前と金額を記載
4. お預入れボタンを押して、機械に投入
5. 口座に投入した金額が反映されるのを必ず確認しましょう

簡単ですね。ただ、日本で現金をそのまま投入する癖が染みついているので
ついつい画面の指示を無視して入れてしまうことが大いにありますので
注意しましょう。わたしが実際にそうでした。

銀行でよく使う単語

Chacking Account : 当座貯金口座
Savings Account : 普通預金口座
Account balance : 残高
Debit Card : デビットカード
Transfer : 振込
⇒I’d like to make a transfer.
Withdraw : 引き出し
⇒I’d like to make a withdrawal.
Deposit: 預入
⇒I,d like to make a deposit.
Interest : 利子
Fee : 手数料
Routing number : 銀行コード
Check : 小切手
Transaction : 取引
Enter your PIN : 暗唱番号入力
Statement : 入出金明細書

アメリカで小銭が溜まったらどうするの?

ドル札ですら預入が浸透していないということは、現金を使う⇒コインがたまる⇒ついついカードを使う⇒ついついお札を使ってしまう⇒コインがたまる

とたまる一方です。

日本のように銀行にコインを大量にもっていくとATMが自動で計算してくれるだろうという常識は通用しません。

処理はしてくれるでしょうが、とても時間がかかるでしょう。

じゃあ一体どうしているのか?

需要があれば必ず供給があります。

Coinstar(コインスター)と呼ばれるものがアメリカには存在します。SafewayやLuckyなどの大型スーパーの中に、ひっそりとあります。

溜まったコインを現金に換金可能ですが、現金への換金は手数料がかかるので、スターバックスやアマゾンなどに換金すると手数料なく換えることができます。

600ドル相当のコイン(紙袋に3袋ぐらい)の計算に立ち会ったことがあるのですが、
計算はざっと15分ほどで終わったかと思います。

一度に全部入れることができないので、ずっと機械の前に立って、すこしずつ投入し続けなければいけません。

よくぞここまで貯めたと感心しましたが、コインもあなどるなかれということですね。

1円を笑うものは1円に泣くですね!
是非、コインも貯めておきましょう!

まとめ

わたしは、Chase銀行で口座を作りました。ある日、現金が財布の中に200ドルあったので、持ち歩くのは怖いなぁと思い入金をATMでしようと思い立ったのです。

Checkでの預け入れはよくするので、現金も同じだろうと、いつもの見慣れた画面でポンポンと進んでしまいました。

すると、現金200ドルはすいすいと機械に吸い取られ取引完了と同時にレシートが出てきました。そこには、取引が正常に行われなかったとあり、銀行に問い合わせするよう、記載されていました。

その時に、そうだ、アメリカでは封筒に入れないとダメだったんだ!!とふと思い出したのです。

もう、営業時間は過ぎておりましたが、その営業店の人の気配がしたのでATMの機械についている電話で連絡を取ろうとしましたがつながらず、結局、Chaseの総合のカスタマーサポートへ電話し頑張って内容を伝えました。

状況を説明する中で、
実は、Chase銀行は、封筒に入れずにそのまま現金で預け入れできるというので

おそらくATMの機械がおかしいということですが、もちろん、そのATMを実際に店舗の銀行員が確認し、現金がいくらあるのか確認しないといけないということで、その日は確認が取れず、翌日に。

その間、あぁもう戻ってこないかもしれない。
どうして、200ドル入れたことを証明できるんだろう・・・と考えると、ふと思い立って入金したことを激しく後悔。

結局、Chaseは調査する中で、お客のわたしを信用し、調査完了する前に200ドルを口座に入れてくれました。

Chaseのカスタマーサポートは結構お世話になりましたが、親切で早いし好きです。

ということで、ただただ運が悪かったとしか言いようがありませんが、機械も人も現金が投入されることにあまり慣れていません!

窓口で現金を預け入れするのが一番確実な方法だと思います。

【関連記事】

アメリカの銀行口座の開設するには?Chase Bankの口座開設方法は?クレジットヒストリーとは? さあいよいよアメリカでの生活が始まりま...



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク