J-1ビザ取得までの流れ

J-1ビザ取得に関して、私はエージェントにお願いしたので渡航までの流れとしては比較的スムーズでした。

自分で申請するとなると相当大変だっただろうと思います。

Jビザは今後、ドナルド・トランプ大統領の影響で無くなってしまうかもしれませんが、こんなに素晴らしい制度は是非とも存続してほしいですね。

さて、J-1ビザを取得するにはまず、何よりも先に受け入れ先企業を見つけなくてはいけません。企業との面接もあり、それに受かってもアメリカ大使館との面接(英語)もあります。

面接があるということは、落ちる人も必ずいるということです。

テロ等の影響により、年々ビザの審査が厳しくなり、今後もより一層厳しくなると思われます。

必ず却下されるのは、本来のこのビザの目的を理解せず、それに反する回答してしまった場合です。その際、明確な理由は教えてくれないそうですが・・・

例えば、

「研修終了後はどのような事がしたいですか?」という質問が来たとすると、「アメリカで働きたいです」と答えると必ず落ちます。

というのも、J1ビザの本来の目的が文化交流、また文化交流で得た知識や経験を今後の日米関係の発展の糧となるよう帰国後に還元してほしいという趣旨のものだからです。

私の友人も1度目の大使館面接に落ちて、2度目にパスしました。

3度目の挑戦になるとほぼ可能性がないということです。1度目で許可されなかった理由を覆さなくてはならないこと自体かなりハードルが高いのに、3度目までとなると相当な理由と根拠がないと不可能だからです。もはや弁護士が必要になる事案です。

また、領事によっても可否判断に違いが出たり、東京の領事館より、〇〇の領事館の方が受かりやすいなど、色々なネット情報があるようですが、真意は不明です。優しそうな人、怖そうな人という違いだけで、結構、心理的に影響してしまいます。

この様な点でエージェント、いわゆるプロをお勧めするのですが、今までのノウハウや実績がある点で心強いですね。働きながらビザに手配となると、ついついしなければいけない事が後回しになってしまうのですが、エージェントはお尻を叩いてくれます。時には、励ましてくれたり、モチベーションをあげてくれたり、費用はかかりますが、その分メリットもあるのです。

もちろん、自分で手配することも可能です。エージェントに支払うお金うん十万が全て浮いてくるので、それを今後のアメリカでの生活費に回せるのは大きいです。アメリカはほとんどの場所で車が必要ですし、渡航費や家賃など初期の出費はかさみます。

何より、これだけの事を自分で全て出来たら、自分に大きな自信がつくと思います。これは、アメリカで生活をする上でとても大切だと思います。

では、具体的なビザ取得の流れを見ていきましょう。

J-1ビザ取得までの流れ

STEP1. ビザ書類準備・諸費用支払

J-1ビザを申請するにあたって下記の様な書類が必要になります。 学校の成績証明書や、残高証明など取り寄せるのに結構時間のかかる...

STEP2. DS2019申請・取得

アメリカ国務省が監督する滞在許可証DS-2019 を取得することにより、アメリカで有給の研修を合法的に行なうことが可能です。

(1)本人・受入先企業から必要書類の提出

(2)スポンサー団体の決定(個人のご経歴、現地でのポジションや受入先企業の状況を踏まえて、申請に通りやすいスポンサーを選出・決定する。)

(3)申請書類作成/準備

(4)英文書類(トレーニングプラン・同意書など)承認

(5)スポンサー団体に DS-2019 申請書類を提出

(6)スポンサーによる書類審査・電話確認・受入先確認など

(7)DS-2019(アメリカでの滞在許可証)発給

STEP3. 大使館面接・J1ビザ取得

J-1ビザ申請書類の準備が出来れば、次はいよいよ大使館面接です! 大使館面接までの流れ STEP1. 必要書類の準備 大使館面接の必要...

STEP4. 出発

無事にビザがおりたら、まずは住居探し!ここが一番難関でした。やはり、現地に着いていない状態で探すのは圧倒的に不利です。

そういった事情から、着いてから探そうと、最初の約一か月はホテルを取りました。

じゃらん

次に、航空券の手配が必要です!早く手配すれば安くすむので、少しでも節約したいですね。

旅行予約のエクスペディア【Expedia Japan】☆海外 / 国内ホテル・海外ツアー

楽天トラベル

【参考URL】

アメリカに到着したらまずすることは?

アメリカ生活に役立つアプリ10選

ソーシャルセキュリティー番号はどうやって取るの?

アメリカの銀行口座を開設しよう!

STEP5. 就労・研修開始

ビザが取れたらエージェントに報告し、先方の指示に従いましょう。

会社によっては、親切に住むところなどサポートしてくれるところもあれば、放置の会社もあります。

基本的には、大人、そしてお給料が発生するインターンシップなので、過度な期待はせず、自分で出来ることは自分でするぐらいの心持ちでいた方がいいかもしれません。

まとめ

STEP1~5まで、順調にいけば2、3カ月間です。

その後、航空券の手配や、住む家を探したり等を含めるとJ-1ビザ取得までは3カ月以上の準備期間が必要になります。

仕事をしながら準備するのは大変ですが、余裕をもって計画を立てましょう!

【関連記事】

J1ビザをエージェント企業に依頼するよりも安く取得する事ができるサービスがあるそうです。

詳しくはこちらから

J1ビザ取得サービス

その他のエージェントはこちら。

★アメリカ有給インターンシップならアメリカインターン⇒https://www.america-intern.com/internship/j1-visa/

★AIT work abroad⇒http://www.ait-net.com/

★インフィニティウイズ⇒http://www.earthtimes.jp/work/internship2.php

スポンサーリンク




シェアする

フォローする